これがBuellだっ


ワタクシについて。

しはまる

Author:しはまる
Buell (XB12Scg) 2年目の
オチビ(156cm)で
コデブ(極秘w)な
オバちゃんです。(笑)
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

広汎性発達障害+ADHDの坊のことや趣味など、
…なんだか時間がありませんが、
チョボチョボやっていきま~す♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ

にほんブログ村


書きました。


お題。


イツ書いたっけ。

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

お天気は?


ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坊 診察を受けてきました。

あれは去年の10月頃。
坊とのコミュニケーションが滞り、悩んでいました。

何を訴えているのか、何がしたいのか、サッパリ解らず、あれやこれや提案しても反応が悪く、
坊も上手く伝えられず、親子揃ってイライライライライライライライラ・・・の状態でした。

耐えられず、誰かに相談するため、
医療側での発達障害診察を受けることにしました。
4ヵ月待ち、と言われましたがあっという間に診察の日がきました。

今は落ち着いている状態ですが、
とりあえず何かに関わっておかないと不安でしょうがないです。

以下、当日の診察の様子と結果です。

坊はというと、いつもよりちょっと落ち着かない様子。
これはオシッコじゃないか・・・?? と察知し、
トイレに促してみるも、 「でない」 の一点張り。
おまけに喉が渇くらしく、お茶をゴクゴク。
オイオイ大丈夫か~?もつかな~?

----------------------------------------------------------------------
【身体測定】
問診票と発達検査の経緯の書類を渡し、まず身体測定をしました。

【診 察】
坊は椅子に座ってはいるものの、回るのが面白いらしく、
クルクルしながら先生とお話しております。
絶対オシッコだろ・・・、 と思いつつもありのままの状態を見せるため
だまってみておりました。

《身辺のことの質問》
○家族は何人?
○保育園のこと
○何が好き?
○何して遊ぶのがすき? 
・・・などなど。
脱線しつつもなんとか答えられた。

《運動・感覚能力の確認》
○ボール遊び → 突進しつつもやりとりできた。
○まねっこ遊び → ちょっと難しいポーズだとマネ出来なかった。
○ケンケンできる? → やってみせることが出来た。
・・・などなど。

《理解度の確認》
人形を使ってお話を聞いてから先生の質問に答える、というもの。
登場人物:わんこロボット、ミッフィーちゃん
あらすじ:わんこロボットがバイキンマン人形で遊んでいました。そこへお母さんがお手伝いのお願いをしてきました。わんこロボットはお手伝いの後、人形で遊ぼうと封筒にしまってお母さんの所へ。
そこへミニカーで遊んでいたミッフィーちゃんがやってきました。ミッフィーちゃんは封筒を見つけ中をみてみると人形が。 「わたし、コレで遊びたかったの!」 とミニカーをその封筒にしまい、人形を持って行ってしまいました。
お手伝いを終えたわんこロボットがバイキンマン人形で遊ぼうと帰ってきましたが・・・。

先生:「わんこロボットは封筒になにが入っていると思っているかな?」
坊 :「ミニカー!」
先生:「わんこロボットは封筒に何をしまったっけ?」
坊 :「ミニカー!」
先生:「わんこロボットは最初なにで遊んでいたっけ?」
坊 :「・・・バイキンマン。」
先生:「わんこロボットは封筒にバイキンマンをしまったね。
    今は封筒には何が入っていると思っている?」
坊 :「・・・ミニカー!」
・・・先生がどう質問しても、わんこロボットが思っていることは答えられませんでした。
“封筒に入っているのはミニカー” が頭から離れないようです。
「じゃぁ、このお話はおしまい。」 と先生が切り上げると、
「おもしろかった!」 と喜んでいました。
「このお話を面白いって言うてくれる子、なかなかいないよ~」 とちょっと困り顔。
そばで聞いていた看護師さんは吹き出してました。
他の子にはあまり好評ではないようですネ(笑)

【診 断】
[広汎性発達障害をあわせもった多動性・衝動性優位型ADHD]
      4~5歳児の集団の中では、衝動性・多動性が突出しており、
      感情のわかりにくさや気持ちの共有などの部分が弱い。
ADHDの部分 → 落ち着きがない、集中できない、常に動いている等
広汎性の部分 → 見えないもの (感情や意思) に気づきにくい、共感しにくい等
----------------------------------------------------------------------

わ~ぉビックリ。
広汎性発達障害が混じっていたとは。

ADHDは今まで言われてきたので情報収集などして、それなりに対応してたつもりです。
それなのに、この通じにくさや理解しにくさはなんなのだろう・・・ とずーっと思っていましたが、
合併してたのですね。

なるほど~! ちょっとスッキリしました。

坊なりのペースでは理解できる力はあるので、
●指示や気持ちの伝達などは具体的に説明してサポートする。
●時間をかけて出来るものを見つけたり、参加することの理解をさせる。
など、まぁ、だいたい今まで通りの対応で良いとのことでした。

次回は検査です。
脳波・CTスキャン、
ST(言語視覚療法)の必要性の評価検査+PEP-R(心理教育プロフィール)、
OT(作業療法)の必要性の評価検査

CTスキャンは脳の形などに異常がないか、
脳波は寝るとき・寝てるとき・起きるときのを見るそうです。
睡眠導入剤のようなもので寝やすくするらしいのですが、できるのかしら??

STとOTは必要性がないと受けられないので、その評価を検査するそうです。

なんとか就学までに社会生活を潤滑におこなえる術を身につけられると良いのですが・・・。


さて、診察後の坊ですが。
やっぱり行動がおかしい!
何度も、トイレでしょ!いっしょに行こう! と誘ったあと、
やっと行きました・・・
かなり危なかったです。
なんでこうギリギリなんでしょう、いつも。
こまったもんです・・・。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。