これがBuellだっ


ワタクシについて。

しはまる

Author:しはまる
Buell (XB12Scg) 2年目の
オチビ(156cm)で
コデブ(極秘w)な
オバちゃんです。(笑)
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

広汎性発達障害+ADHDの坊のことや趣味など、
…なんだか時間がありませんが、
チョボチョボやっていきま~す♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ

にほんブログ村


書きました。


お題。


イツ書いたっけ。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

お天気は?


ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

操作された視界【寝短駄夢物語03】

また、しょーもない?夢を見ました(笑)

----------------------------------------------------------------------

我々は戦争をしている。
正体不明のロボット軍と、長い間臨戦状態だ。
男も女も、子どもも大人も当たり前にその戦闘に参加している世界。

わたしは学生だ。
5人一組の班を作り、学園で勉強をしながら戦闘に赴くのが毎日の勤めだ。
学生は、一人につき一機、モビルスーツが支給されている。

この時期、学園では年に一度の学園祭の準備で沸き立っていた。
わたしの班では機体を使った出し物を考えていた。
それぞれの機体にちょっとした改造をほどこし、皆をビックリさせる魂胆だ。
しかし、運悪くこの日も戦闘命令が下された。

皆、準備を中断し出撃する。
わたしの班も例外なく出発した。

前線につくと、なにやらいつもと雰囲気が違う。
ロボット兵がいない。
いるのは…わたしたちと同じ人間のようだ。
その人間達はロボット兵と同じように戦闘を仕掛けてきた。

なぜ?寝返った者たちなのか?
そんなことがあるのか?
なにか、おかしい…。

わたしの班の仲間は混乱した。
ただちに上官に報告をする。
上官は無言でその報告を受けた。
しばらく戦闘を続けたが、やがて退却命令が下された。
わたしの班だけに。

帰還するとそこで待っていたのは政府の人間だった。
政府が出てくるなんてただごとではない、とわたしの仲間は不安に駆られた。

広いが暗い部屋に通され、話を聞く。
どうやらわたしたちが行った改造で
視界制御装置がおかしくなってしまったらしい。
本来の視界を映し出すようになってしまったのだ。

視界は、政府が全国民に本当の事を隠すため操作していた事が発覚した。
わたしの仲間は動揺した。
なんのために…?
政府の人間は答えた。
敵である人間を視界操作し、ロボットに見立てる事により
国民にストレス無く戦闘を続けさせるのが目的らしい。
しかし、なぜ同じ人間同士が戦っているのかは答えてはくれなかった。

「質問は終わりだ。」
強制的に話を遮られ、わたしたちの不安はさらに増した。
「君たちは勝手に改造をしたことの責任を負わなければならない。
 君たちは特別区に配備され、視界変換装置なく戦うことになる。」

わたしたちは理解できなかった。
今聞かされた真実、
これからわたしたちが行くところがどんなところなのか、
そして不明のままの疑問。
すべて消化されないまま、ただ呆然と数日間過ごした。
辞令がくるまで待機せよ、と言われていたが、
この何もない数日間が苦痛だった。

やがて上官に呼ばれた。
あの衝撃の事実を知らされた部屋に通された。
前にも増して暗く、よどんだ空気が気分を悪くする。
久しぶりに見た仲間は、暗い表情でげっそりとやせていた。
二人いないことに気づいた。
わたしは班のリーダーにこっそり聞いてみる。
「…あの二人はおかしくなってしまった…。」
やっと絞り出した、つぶやくような声を必死に聞き取ったその時、
政府の人間が部屋に入ってきた。

とうとう “特別区” とやらに異動なのか…?

----------------------------------------------------------------------

えー、なんか色々と影響を受けてるのがまるわかりですねぇ。

確かこの時、周りの学校の学園祭シーズン。
機体は 『シドニアの騎士』 に出てくる “継衛” みたいな、
ゲームにでてくる “シルフィード” みたいなカッコイイやつです(笑)
そして、 『ヴァンキッシュ』 をやっている夫から、
「敵の対象がロボットから人間になって、もう坊には見せられないかも…」
なんて話を聞かされていました。

う~ん、いいところで終わってしまったなぁ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。